忍者ブログ

http://tornado.blog.shinobi.jp/

  

雷三日 雷雲と落雷

2016年8月3日、前日前々日に続き、寒冷渦の影響で不安定な空模様になりました。小さな雨雲が湧いては消えの繰り返し。入れ替わり立ち替わり雨雲がやって来る中で、背が高く筋肉モリモリの雲(大きくて輪郭のハッキリした雲)をターゲットに追跡を行いました。今回は山を迂回しながらの追跡で、雲の全体像がなかなかつかめず目標を見失うこともありました。茨城県石岡市柿岡では乳房雲がはじけて雨柱が現れる瞬間を目撃、細い雨柱が徐々に太くなりながら迫る様子は迫力がありました。その後、北へ移動して栃木県に入り、栃木県南部の益子町~真岡市~芳賀町~宇都宮市~上三川町~下野市~小山市と稲妻を追って移動を繰り返しました。激しい雷雨は深夜まで続き、群馬県南部や栃木県南部では道路の冠水や落雷による停電などの影響が出ました。

雨柱

落雷

落雷

*当サイト内で使用している写真は全て管理人自身による撮影です。写真の無断転用は厳禁です。

雷三日 かなとこ雲と乳房雲

2016年8月1日~2日にかけて、寒冷渦が通過した影響で全国的に荒れた天気になりました。寒冷渦は動きが遅く、雷三日とも言われています。気温の上がった午後を中心に東日本から北日本の広範囲で積乱雲が発達、記録的短時間大雨情報も発表されるなど大荒れの天気になりました。各地で道路の冠水や落雷による障害が発生し、都市部では交通網に乱れが生じています。今回は栃木県南部から茨城県南西部を中心にチェイスしましたが、小さな雲があっという間に発達してしまい、レーダーの表示が間に合わない程でした。雨が降っているエリアとそうでないエリアの差が激しく、道路に分け目が付くほど局地的でした。この雨で関東の水不足が解消するといいのですが。2日の夕方には栃木県南部を通過したかなとこ雲に乳房雲が現れました。乳房雲は副変種で、上空に寒気が入った時などに度々現れます。特に低いところに現れる乳房雲は荒天の前兆としても知られています。積乱雲の雲底にコブ状の雲が現れたら要注意です。

ゲリラ豪雨

かなとこ雲

入道雲

積乱雲

雨柱

乳房雲

乳房雲



*当サイト内で使用している写真は全て管理人自身による撮影です。写真の無断転用は厳禁です。

関東大雷雨 寒冷渦による荒天

2016年7月14日、寒冷渦が東進した影響で北陸や関東甲信で荒れた天気になりました。昼過ぎから関東周辺の山沿いで積乱雲が発生し、急速に発達しながら東進。各地で大雨、落雷、雹、突風を観測しています。茨城県水戸市では直径2.5cmの雹が降り、長野県、埼玉県、群馬県、栃木県、東京都、山梨県、富山県で突風が発生しています。当日は13時前に北関東3県と埼玉県が隣接する渡良瀬遊水地に到着して積乱雲の通過を待ちました。カナトコの下に入る頃には遠くから雷鳴も聞こえ、ポツポツと雨が降ってきたところで追跡開始。栃木県小山市~野木町~栃木市~壬生町~下野市~真岡市~茨城県桜川市~つくば市~下妻市~筑西市と、合計6時間の追跡になりました。

かなとこ雲

ガストフロント

ガストフロント

アーチ雲

途中、大雨や落雷のあるエリアを抜け、栃木県真岡市と茨城県桜川市の境に差し掛かったところでガストフロントが可視化した姿であるアーチ雲(アーククラウド)に遭遇しました。周辺の雲もマーブル模様になっており、活発に対流が起こっている様子が見て取れました。撮影中に防災無線から竜巻注意情報発表の知らせもあり、緊張感が高まりました。その後南下し、茨城県つくば市に着いた頃には前が見えないほどの雨になっていました。17時~18時のつくば市の雨量は56.5mmでした。翌15日も大気の状態が不安定で、午前中から局地的に大雨が降りました。神奈川県横浜市では80.5mm、千葉県市原市付近で100mmの雨が降りました。



*当サイト内で使用している写真は全て管理人自身による撮影です。写真の無断転用は厳禁です。

冷たい北東風

2016年7月7日、午前中に一気に気温が上がり、地元茨城県筑西市では12時過ぎに34.5℃まで上昇しました。ところが12時を境に一変、冷たい北東風が入った影響で茨城県は急に気温が下がり始めました。13時までの1時間で3℃ほど低下、17時過ぎには23.3℃と10℃以上も気温が下がりました。北東風(東風…こち)が長引くと凶作になるとも言われますが、今回は一時的なものでしょう。東寄りの冷たい風が入ると沿岸で霧が発生するため、筑波山地に横長の層雲がかかることがあります。大蛇雲(おろちぐも)とも呼ばれ、梅雨の時期に見られます。



*筑波山地(雨引山~加波山)にかかる大蛇雲、2013年6月12日撮影。この時も北東風の影響。



*出典…気象庁アメダス

当日午後、北関東では30~40%ほどの発雷確率でしたが、午前中のムシムシした湿気もどこかに行ってしまい、ほぼ雷が期待できない状況になりました。18時過ぎから栃木県の山沿いで雨雲が発生、苦し紛れに追うも短時間にザッと降っただけでした。今シーズン、まだ3回しか雷鳴を聞いていません。本当にどうしてしまったのか。今週末、台風1号の動き次第で北関東の状況も変わると思われ、直撃しない地域でも台風に振り回されることになりそうです。







*2016/7/11(月)に雷害リスク低減セミナーが行われます。詳細は以下URLです。
https://www.facebook.com/raigairisk/posts/1441927542499978

*当サイト内で使用している写真は全て管理人自身による撮影です。写真の無断転用は厳禁です。

らいさまは何処へ?

2016年6月27日、今朝の下野新聞に非常に興味深い記事が掲載されていました。暖候期の雷が日本一多く「雷都」の異名を持つ栃木県宇都宮市で異変が起きています。例年ですと4月~6月の3ヶ月で10日前後の雷日数が観測されています。昨年も非常に少なかったですが、今年はたった2日しか観測されていません。2011年からの5年間で最少だそうです。それを裏付けるように、梅雨まっただ中でも北関東は少雨傾向が続いています。上流に草木ダムを持つ渡良瀬川では、6月25日より20%の取水制限になりました。6月27日現在、草木ダムの貯水率は46.1%です。

下野新聞 http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160627/2369173

落雷

雷日数日本一は冬季雷の多い石川県金沢市で、年平均42日前後です。一方、宇都宮市は年平均25日前後で、暖候期に限っては日本一になります。南東斜面が開けた日光連山は夏季に熱雷が発生しやすく、日光の南東に位置する宇都宮は雷の通り道になっています。日光雷は暴れん坊と言われるほど落雷が激しく、電気製品に雷保険をかける人々が多い土地柄です。名産品の統一ブランド「宇都宮雷都物語」や自転車ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」など、宇都宮餃子と並び雷が市のシンボルになっています。私の地元、茨城県筑西市から宇都宮市まで直線距離で約30km、当然日光雷の通り道に当たり、シーズン中は栃木県内を走り回ることが多いのです。

落雷

*北関東3県(埼玉県・千葉県の一部も含む)では雷のことを「らいさま」と呼びます。

*2016/7/11(月)に雷害リスク低減セミナーが行われます。詳細は以下URLです。
https://www.facebook.com/raigairisk/posts/1441927542499978

*当サイト内で使用している写真は全て管理人自身による撮影です。写真の無断転用は厳禁です。

写真家・青木 豊

公式ムービーチャンネル

メディア出演

■ テレビ・ラジオ出演
Weathernews SOLiVE24
ニッポン放送 上柳昌彦あさぼらけ
ラヂオつくば つくばミーティング
いばキラTV 週間いばスタ
ケーブルテレビ う・ら・ら 茨城
イバラキングのごじゃっぺラジオZ
茨城放送 スマイルスマイル plus i
ケーブルテレビ CC9ニュース
日本テレビ 沸騰ワード10
ラヂオつくば You've got 84.2
いばキラTV いばキラPeople
TBS アイ・アム・冒険少年
MBS 情熱大陸
BS朝日 ボクらの地球
NHKニュース おはよう日本
テレビ朝日 奇跡の地球物語
MBSラジオ 朝からてんコモリ!

掲載されました

日本カメラ2016年8月号
真夏のPL&NDフィルター大作戦

デジタルカメラマガジン6月号
美しき天気の写真(55P・64P)

新・ポケット図鑑 雲・天気

ENGINE 2015年9月号
ENGINE beat CHALLENGE

日本カメラ 2015年8月号
マナツノヒカリ(120-123P)

日本カメラ 2015年6月号
息をのむ瞬間(78-79P)

鳥羽水族館刊行誌TSA No.66
地球で遊ぼう!悪天候を追え!

映画 イントゥ・ザ・ストーム
劇場用プログラム コラム

シネコンウォーカー 8月号
イントゥ・ザ・ストーム

日本を襲う ザ!日本仰天映像

サポーターズリンク

↑製品を使わせて頂いています!

VF-DVR-001 動画再生リスト!

アイテム

■ OLYMPUS BCL-0980

■ CHUMS カメラバッグ

■ Columbia ラディパッカブル

フリー音楽素材

↑音楽素材をお借りしています!

リンク用バナー

banner 187x187
リンク用バナー 187x187 JPG

banner 200x40
リンク用バナー 200x40 PNG

URL : tornado.blog.shinobi.jp

お問い合わせ

mail

各種取材、執筆、画像提供など、
メールにてお問い合わせ下さい。
当日~数日中に返信いたします。

著作権情報

記事の著作権は(写真・文章)
著作者の青木 豊が保有します。

Copyright © Yutaka Aoki.
All Rights Reserved.

写真・文章の無断転用は厳禁!
事前にお問い合わせください。

最新記事の購読


PR

Copyright © Yutaka Aoki. All Rights Reserved. /  Powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]