忍者ブログ

http://tornado.blog.shinobi.jp/

  

塵旋風 - Dust Devil

風塵と並ぶ春の風物詩、塵旋風(じんせんぷう)です。別称はつむじ風、英語ではDust Devil(ダストデビル)と呼ばれます。塵旋風は地表付近で発生する上昇気流の渦で、強い水平風が加わると上空数10mまで立ち上がることがあります。小規模のものは日常生活の中でも良く見かけ、塵や埃、落ち葉などを巻き上げることで可視化します。突風の一種として分類されていますが、強度的にはF0以下で、大きな被害を出すことは稀です。



運動会中に塵旋風が発生する映像が度々発信されていますが、学校のグランドは周りを校舎や住宅に囲まれ、そこだけが開けているところが多いため、塵旋風が発生しやすい環境と言われています。テントの巻き上げに関しては、あの形状から上昇気流に対しては無力であり、パイプを地面に打ち込んだり重りを付けたとしても、防ぎ用がないそうです。

dust devil

塵旋風

麦畑で発生した塵旋風、土煙を上げながら回転している。© Yutaka Aoki. All rights reserved.

規模の大きなものは土煙を上げて数10mまで立ち上がるため、竜巻と間違われることが多々あります。竜巻とは発生のメカニズムが違い、塵旋風は晴れていても発生します。また、ビル風などの環境風で発生することもあり、都市部でも起こりうる現象です。

旋風には昇温+水平風で発生する塵旋風、ガストフロントの上昇気流で発生するガストネード、炎の熱で発生する火災旋風などがあります。その中で最も怖いのが火災旋風です。大規模な火災や山火事で発生することが多く、旋風の温度は1000℃を超えます。関東大震災や東京大空襲、阪神大震災で大規模な火災が発生した長田区でも発生が確認されています。

火災旋風

強烈な風切り音とともに発生した、竜巻状の火災旋風。© Yutaka Aoki. All rights reserved.

上の写真は渡良瀬遊水地の葦焼きで発生した火災旋風です。私は風上の栃木県側で撮影していましたが、風下の埼玉県側で撮影していた人の話では、煙と熱風に巻かれて生きた心地がしなかったそうです。当日は、強風の影響で予定していたよりも広範囲に燃え広がり、遊水地の外にある物置小屋が焼ける被害も出ています。

*関連記事・・・炎の上昇気流 http://tornado.blog.shinobi.jp/Entry/72/
*関連記事・・・ビルの谷間でつむじ風 http://tornado.blog.shinobi.jp/Entry/56/

*当サイト内で使用している写真は全て管理人自身による撮影です。写真の無断転用は厳禁です。
RSS Feed Widget


写真家・青木 豊

公式ムービーチャンネル

メディア出演

■ テレビ・ラジオ出演
ラヂオつくば What tsukuba
TBS クレイジージャーニー
Weathernews SOLiVE24
ニッポン放送 上柳昌彦あさぼらけ
ラヂオつくば つくばミーティング
いばキラTV 週間いばスタ
ケーブルテレビ う・ら・ら 茨城
イバラキングのごじゃっぺラジオZ
茨城放送 スマイルスマイル plus i
ケーブルテレビ CC9ニュース
日本テレビ 沸騰ワード10
ラヂオつくば You've got 84.2
いばキラTV いばキラPeople
TBS アイ・アム・冒険少年
MBS 情熱大陸
BS朝日 ボクらの地球
NHKニュース おはよう日本
テレビ朝日 奇跡の地球物語
MBSラジオ 朝からてんコモリ!

掲載されました

広告 2016年11月号
勝手な使命感(55P)

常陽藝文2016年10月号
北関東カミナリ百科 その二

常陽藝文2016年9月号
北関東カミナリ百科 その一

日本カメラ2016年8月号
真夏のPL&NDフィルター大作戦

デジタルカメラマガジン6月号
美しき天気の写真(55P・64P)

新・ポケット図鑑 雲・天気

ENGINE 2015年9月号
ENGINE beat CHALLENGE

日本カメラ 2015年8月号
マナツノヒカリ(120-123P)

日本カメラ 2015年6月号
息をのむ瞬間(78-79P)

映画 イントゥ・ザ・ストーム
劇場用プログラム コラム

日本を襲う ザ!日本仰天映像

サポーターズリンク

↑製品を使わせて頂いています!

VF-DVR-001 動画再生リスト!

フリー音楽素材

↑音楽素材をお借りしています!

リンク用バナー

banner 187x187
リンク用バナー 187x187 JPG

banner 200x40
リンク用バナー 200x40 PNG

URL : tornado.blog.shinobi.jp

お問い合わせ

mail

各種取材、執筆、画像提供など、
メールにてお問い合わせ下さい。
当日~数日中に返信いたします。

著作権情報

記事の著作権は(写真・文章)
著作者の青木 豊が保有します。

Copyright © Yutaka Aoki.
All Rights Reserved.

写真・文章の無断転用は厳禁!
事前にお問い合わせください。

最新記事の購読


PR

Copyright © Yutaka Aoki. All Rights Reserved. /  Powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]