忍者ブログ

http://tornado.blog.shinobi.jp/

  

2011年7月15日の月光環

2011年7月15日、20時半頃のことです。ふと窓の外を見ると月が赤い、外に出て月を見上げてみると、ぼんやりと光の環で出ています。もしやと思い、三脚にカメラをセット、見ている間に光の環がハッキリしてきて、月光環になりました。光環(コロナ)自体は珍しい現象ではありませんが、タイミング良く満月と重なることは稀です。やはり、写真的にはまん丸お月様の方がムードがありますからね。

月光環

2011年7月15日、僅か5分程度で消えてしまった月光環。© Yutaka Aoki. All rights reserved.

光環は太陽や月にうす雲が掛かった時に現れる光の環で、光の回析(回り込み)により現れます。春先の風が強い日、スギ花粉や黄砂が大量に飛散している時にも、同じ様な現象が起こります。太陽に現れる環を日光環、月に現れる環を月光環と言います。暈(ハロ)とは似て非なるもので、暈は光の屈折(折れ曲がる)、光環は光の回析です。

日光環の場合、同じ光の回折で現れる彩雲が同時に見られることも多々あります。彩雲は太陽の近くを通る雲が、赤・緑・紫などに色付く現象であり、古くから吉兆とされています。



実はこの月光環、デジタルカメラが最も苦手とする被写体のひとつです。光環部分の微妙なグラデーションがなかなか綺麗に出ず、輪郭が変に浮き出てしまったり、月の色を綺麗にと思うと光環が目立たず、光環の色を綺麗にと思うと月が色飛びしてしまいます。両立するにはダイナミックレンジを拡張する以外に方法はありません。幸い、2~3年以内に発売されたデジタル一眼レフならダイナミックレンジ拡張機能が付いています。RAW現像時にダイナミックレンジを拡張しても同様の結果が得られます(JPGはダメ)。

これまでHDR処理をするには、露出を変えた複数枚の画像を合成する必要がありましたが、月は約4分で直径分の距離を移動します。複数枚を撮影しようと思うと当然ズレが生じてしまいます。ワタシが愛用しているSILKYPIX Developer Studio Pro5なら、1枚の画像でHDR処理が可能です。気象・局地現象は常に動いている上、短時間に終息してしまうことがほとんどで、撮影中に細部を気にしている余裕はありません。RAWで撮って、後処理するのが常套手段です。

SILKYPIX Official Website http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/

*当サイト内で使用している写真は全て管理人自身による撮影です。写真の無断転用は厳禁です。
RSS Feed Widget


写真家・青木 豊

公式ムービーチャンネル

メディア出演

■ テレビ・ラジオ出演
ラヂオつくば What tsukuba
TBS クレイジージャーニー
Weathernews SOLiVE24
ニッポン放送 上柳昌彦あさぼらけ
ラヂオつくば つくばミーティング
いばキラTV 週間いばスタ
ケーブルテレビ う・ら・ら 茨城
イバラキングのごじゃっぺラジオZ
茨城放送 スマイルスマイル plus i
ケーブルテレビ CC9ニュース
日本テレビ 沸騰ワード10
ラヂオつくば You've got 84.2
いばキラTV いばキラPeople
TBS アイ・アム・冒険少年
MBS 情熱大陸
BS朝日 ボクらの地球
NHKニュース おはよう日本
テレビ朝日 奇跡の地球物語
MBSラジオ 朝からてんコモリ!

掲載されました

広告 2016年11月号
勝手な使命感(55P)

常陽藝文2016年10月号
北関東カミナリ百科 その二

常陽藝文2016年9月号
北関東カミナリ百科 その一

日本カメラ2016年8月号
真夏のPL&NDフィルター大作戦

デジタルカメラマガジン6月号
美しき天気の写真(55P・64P)

新・ポケット図鑑 雲・天気

ENGINE 2015年9月号
ENGINE beat CHALLENGE

日本カメラ 2015年8月号
マナツノヒカリ(120-123P)

日本カメラ 2015年6月号
息をのむ瞬間(78-79P)

映画 イントゥ・ザ・ストーム
劇場用プログラム コラム

日本を襲う ザ!日本仰天映像

サポーターズリンク

↑製品を使わせて頂いています!

VF-DVR-001 動画再生リスト!

フリー音楽素材

↑音楽素材をお借りしています!

リンク用バナー

banner 187x187
リンク用バナー 187x187 JPG

banner 200x40
リンク用バナー 200x40 PNG

URL : tornado.blog.shinobi.jp

お問い合わせ

mail

各種取材、執筆、画像提供など、
メールにてお問い合わせ下さい。
当日~数日中に返信いたします。

著作権情報

記事の著作権は(写真・文章)
著作者の青木 豊が保有します。

Copyright © Yutaka Aoki.
All Rights Reserved.

写真・文章の無断転用は厳禁!
事前にお問い合わせください。

最新記事の購読


PR

Copyright © Yutaka Aoki. All Rights Reserved. /  Powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]